加湿器 レンタル

レンタルショップ ダーリングは業務(オフィス・店舗)用から、家庭用まで、様々なニーズに対応可能な加湿器を豊富に取り揃えるレンタル通販サイトです。広い場所に最適なオフィス用の大容量タイプをはじめ、病室や介護施設・個室・会議室などお部屋の広さに合わせた気化式・ハイブリット式の加湿器をオンラインでご予約いただけます。限られたシーズンでしか使用しない季節家電はレンタルでリースをすれば価格を抑えられ、メンテナンスも不要ですので便利でお得です。ぜひご活用ください。

加湿器レンタル 商品一覧

加湿器レンタル モデルを比較する

加湿器レンタル お客様の声

埼玉県法人・団体 A様

  • ダーリング歴:リピート
  • 加湿器の種類:中小容量
  • 加湿器の方式:ハイブリット式(加熱気化式)
  • レンタル期間:4ヶ月
  • レンタル台数:~10台

安心して使うことができます

何度か利用させていただいておりますが、対応も早くて助かります。
届いた商品もきれいなので、安心して使うことができます。
取説も用意されているので、とても便利です。
また、機会があれば利用したいと思います。

シャープ ハイブリッド式(加熱気化式)加湿器 HV-A70をさらに詳しく

東京都法人・団体 Y様

  • ダーリング歴:リピート
  • 加湿器の種類:中小容量
  • 加湿器の方式:ヒートレスファン式(気化式)
  • レンタル期間:4ヶ月
  • レンタル台数:~10台

シーズン毎のレンタルは助かります

今回もありがとうございました。
シーズンごとの機器をレンタルできるのはとても助かっております。(保管場所もなく管理もできないため)
また、何かありましたらご連絡いたしますので、その際にはよろしくお願いいたします。

シャープ ヒートレスファン式(気化式) 加湿器 HV-U30CXをさらに詳しく

神奈川県法人・団体 T様

  • ダーリング歴:はじめて
  • 加湿器の種類:中小容量
  • 加湿器の方式:ハイブリット式(加熱気化式)
  • レンタル期間:3ヶ月
  • レンタル台数:10~20台

乾燥対策・風邪予防に

乾燥対策・風邪予防に初めてレンタルしました。
介護施設のため部屋数が多く、シーズン後のメンテナンスや保管も大変なため、レンタルできてよかったです。
また来シーズン利用させていただきます。

シャープ ハイブリッド式(加熱気化式)加湿器 HV-D50をさらに詳しく

東京都法人・団体 M様

  • ダーリング歴:はじめて
  • 加湿器の種類:大容量
  • 加湿器の方式:ヒートレスファン式(気化式)
  • レンタル期間:4ヶ月
  • レンタル台数:~10台

オフィスでの利用に

オフィスでの利用にレンタルさせていただきました。
初めての利用で勝手がわからず問い合わせたところ、利用台数や効果的な設置場所などアドバイスいただき、わかりやすかったです。
お借りした加湿器の能力も高く、おかげさまで今シーズンを乗り切ることができました。
また機会がありましたらよろしくお願いします。

パナソニック ヒートレスファン式(気化式) 加湿器 FE-KFE15-Wをさらに詳しく

東京都カスタマー A様

  • ダーリング歴:はじめて
  • 加湿器の種類:中小容量
  • 加湿器の方式:ヒートレスファン式(気化式)
  • レンタル期間:1ヶ月
  • レンタル台数:~10台

リビング用に

リビング用にレンタルしました。
水蒸気の出ない気化式をお借りし、子供のやけどを気にせず安心して使用することができました。

パナソニック ヒートレスファン式(気化式) 加湿器 FE-KFB05をさらに詳しく

千葉県法人・団体 N様

  • ダーリング歴:リピート
  • 加湿器の種類:中小容量
  • 加湿器の方式:ハイブリット式(加熱気化式)
  • レンタル期間:~1ヶ月
  • レンタル台数:20~30台

短期間での使用に

何度か利用させていただいております。短期間でまとまった台数を使用するため、保管やメンテナンスの手間を考えるとレンタルのサービスがあり大変重宝しております。
次回もよろしくおねがいいたします。

パナソニック ハイブリッド式(加熱気化式)加湿器 FE-KXF07をさらに詳しく

加湿器の種類

ハイブリッド式(加熱気化式)加湿器 レンタル

ハイブリッド式(加熱気化式)

ヒーターで水や空気を温め、
水を浸透させたフィルターに送風し、
気化させながら加湿します

Tシャツを温風で乾かすイメージです。メリットは雑菌を放出せず、すばやくたっぷりと加湿ができ、吹き出し口が熱くならないため、やけどの心配がありません。デメリットとしては装置が複雑であるため、ほかの種類に比べて高価な製品が多く、スチーム式ほどではありませんがやや電気代がかかります。

メリット

  • 速やかに加湿が可能。
  • 加湿量が多い。

デメリット

  • 消費電力が大きい。
気化式加湿器 レンタル

気化式

水を浸透させたフィルターに送風し、
気化させながら加湿します

濡れたTシャツに速い風をあてて乾かすイメージです。雑菌を放出せず、ヒーターがないので、消費電力を抑えて使用できます。ファンを用いるため本体が大きくなったり、運転音が気になる場合があります。

メリット

  • 蒸気が出ないので安全。
  • 過加湿による結露が少ない。
  • 消費電力が少ない。

デメリット

  • 運転音、本体サイズが大きい。

加湿器の上手な選び方

  • 上手な選び方 ①

    部屋の広さに応じた加湿量(加湿能力)の加湿器を選びましょう選ぶ際のポイントとして、「加湿量」と「適用床面積」は必ず確認しましょう。加湿量とは「mL/h」と表記され、1時間あたりに何リットルの水蒸気を出すか示した数値のことです。この数値が高いほど加湿量が多く、より広い部屋で使えることとなり、加湿量に応じた部屋の広さの目安を「適用床面積」といいます。適用床面積には「木造和室」「プレハブ洋室」の2つが表示されており、木造和室○○畳(○○㎡)、プレハブ洋室○○畳(○○㎡)などと表記されています。まずはお使いになられるお部屋の広さを調べて、広さに合った加湿量(加湿能力)の加湿器を選びましょう。

  • 上手な選び方 ②

    加湿器の種類と特徴を知った上で適切な加湿器を選びましょうダーリングの加湿器は、ハイブリッド式(加熱気化式)と気化式の2種類に分けられます。ハイブリッド式(加熱気化式)とは、水を含んだフィルターに温風を当てて気化することにより、素早くパワフルに加湿するタイプです。メリットは素早く加湿ができ、吹き出し口が熱くならないところです。デメリットはスチーム式ほどではありませんが電気代がかかります。気化式とは、水を含んだフィルターに風を当てて加湿するタイプです。メリットは吹き出し口が熱くならず、電気代がとても安いところです。デメリットはハイパワーで運転すると若干の運転音が気になることです。どちらも加湿には優れているので、それぞれの特徴を知った上でお選びください。

加湿器の上手な使い方

  • 上手な使い方 ①

    タンクの水は毎日新しい水と入れ替える水の継ぎ足しや、水を古いままで使うと雑菌が混じってしまい、加湿器から出てくる風が臭うことがあります。タンク内の水は毎日新しい水と入れ替えましょう。また、水を入れ替える前に少量の水で振り洗いをするとより清潔を保つことができます。

  • 上手な使い方 ②

    週に1回、本体のごみやほこりをふき取る本体は週に1回、固く絞った布で拭いてあげましょう。また、吸気グリルや背面フィルターなどは掃除機などでほこりを吸い取ってあげましょう。ごみやほこりが溜まると、臭いの原因や加湿量の低下、運転音が大きくなることに繋がりますので、こまめにお手入れしてください。

  • 上手な使い方 ③

    2週間に1回程度、フィルター・トレイのお手入れをするフィルターやトレイには水あかやカルキが付着します。お手入れせずに使用すると、雑菌やカビが繁殖して悪臭が発生しますので2週間に1回、最低でも1ヶ月に1回はお手入れをしましょう。トレイは溜まった水を捨ててスポンジ洗いをし、フィルターはぬるま湯(40℃以上)に溶かしたクエン酸で漬け置き洗いをしましょう。クエン酸に漬け込む時間は2時間程度とし、その後は水道水でしっかりとすすぎ洗いをしましょう。洗浄後はしっかりと乾かすこともポイントです。

生活家電(一般、業務用)へ戻る

商品カテゴリー

目的カテゴリー

営業日カレンダー

Calendar Loading

当社定休日

このページの先頭へ戻る