車いすの比較表

車椅子のレンタル

<種類が豊富な車椅子のレンタル>

 ダーリング新庄店の車椅子のレンタルです。車椅子の商品ラインナップは多彩で豊富、自走用車椅子、介助用車椅子、軽量タイプの車椅子、小さなタイプの車椅子、大きなタイプの車椅子と5種類の車椅子レンタルに分かれます。自走用、介助用のレンタル用車椅子は、どちらもアルミ合金製の材質で軽く、構造が背折れタイプに出来ているので普通乗用車のトランクにも収納が可能で、持ち運びに便利です。軽量タイプの車椅子は、自走式タイプの軽量車椅子で重量が9.8kg、介助タイプで9kgですから名前の通り軽さを追求した軽量タイプの車椅子のレンタルです。小さなサイズの車椅子は、全幅が48cmと超コンパクトですから、通路での使用や狭い場所を通る時には、とても便利な車椅子のレンタルです。大きなサイズの車椅子は、耐荷重が130kgと安定・安心のビッグサイズの車椅子ですから大柄の人に最適です。

 いかがですか、当店の車椅子のレンタルなら皆様のニーズにもお応えできるのではないでしょうか。所で、各種車椅子に関して当社のメンテナンス方法は、アルコール消毒の他にオゾンによる殺菌滅菌処理を併用しクリーンメンテナンスを実施しております。全てのレンタル商品に共通する事ですが、「安心、安全、リーズナブル」の精神をスタッフ全員が共有し実践しておりますので、お客様には安心してご利用いただけるものと思います。

 またレンタルの注文から返却までの流れに関しましては、ネットで注文、佐川急便でお届けする宅配レンタルですから手間暇いらず、ご自宅からでも発注は可能です。また、当日発送などお急ぎのお客様には出来る限りご希望に沿った対応も心掛けておりますのでお気軽にお電話ください。(:0233-32-1806)最後に当店では、福祉用具専門相談員の有資格者が2名在籍しておりますので何かお尋ねや、お聞きになりたい事などございましたら遠慮なくご連絡をいただければと思います。

種類が豊富な車椅子

自走用の車椅子 介助用の車椅子 軽量タイプの車椅子
ミキ スタンダード車椅子 自走式 MPN-40JD ミキ スタンダード車椅子 介助式 MPCN-46JD 片山車椅子製作所 軽量・スタンダード車椅子
KARL カール 自走式 KW-901B
小さなサイズの車椅子  大きなサイズの車椅子
ミキ コンパクト車椅子 介助式 SKT-1 ミキ ビッグサイズ車椅子 自走式 KJP-4 片山車椅子製作所 軽量・スタンダード車椅子
KARL カール 介助式 KW-903B

車椅子レンタルに関しての言葉の説明

商品名 用途 重量(kg) 全幅(cm) 座幅(cm) 前座高(cm) 耐荷重(kg) 折り畳全幅(cm) 背折れ 肘掛機能
ミキ スタンダード車椅子
自走式 MPN-40JD
自走 13 64 40 40 100 33.5 ×
ミキ スタンダード車椅子
介助式 MPCN-46JD
介助 11.4 56.5 40 43 100 25 ×
片山車椅子製作所
軽量・スタンダード車椅子
KARL カール 自走式 KW-901B
自走 9.8 63 40 43 100 32 ×
片山車椅子製作所
軽量・スタンダード車椅子
KARL カール 介助式 KW-903B
介助 9 60.5 40 43 100 24 ×
ミキ コンパクト車椅子 介助式 SKT-1 介助 12.7 48 40 43.5 100 21 ×
ミキ ビッグサイズ車椅子 自走式 KJP-4 自走 20.2 68 45 47/53 130 38 ×

車椅子の取扱について

スピードに注意 スピードは出さないでください。特に急カーブ、急ブレーキは転倒の恐れがあり大変危険です。
下り坂の場合 介助の際には後向きにゆっくり下りてください。自走の時はハンドリムを使いスピードを落として、必ず前向きで下りてください。不安を感じる場合には助けてもらってください。
暖房機の傍では 車椅子のタイヤを近づけないでください。タイヤの空気が膨張しパンクの恐れがあります。
乗り降りの時 少しの停止でも必ずブレーキをかけてください。車椅子が動き出すと危険です。
普通の点検事項

車輪、キャスター、ブレーキなどのネジを点検し緩んでいる時には増し締めをしてください。
車椅子を開く時には、座席シートを握って押し下げないでください、手を挟む恐れがあります。

道路の通行場所

車椅子は、道路では歩行者として扱われます。車道を通らず、必ず歩道を通ってください。
道路を通る際には、溝や段差などでの転落には充分に注意してください。

 歩行車の取扱について

歩行車をご利用の際には、事前に医師、理学療法士、介護福祉士、ケアマネージャーなどの専門家に歩行車を使用することが可能かどうかをご相談ください。
自立歩行に不安のある方は、同伴者が付き添いの上でご使用ください。
歩行車のグリップが確りと握れない場合やブレーキ操作が出来ない方は使用できません。
歩行車を使用される方の体力や状態、使用場所に応じて、介助の方の付き添いをお願いいたします。
歩行車は車椅子と異なります。座席に座った状態で人を運ぶために使用しないでください。
公道で使用する場合は、歩行車の操作に充分慣れてからご使用ください。
歩行車は、歩行者として扱われます。道路通行の際には、必ず右側の歩道や路側帯を通行してください。

 

商品カテゴリー

目的カテゴリー

営業日カレンダー

Calendar Loading

当社定休日

このページの先頭へ戻る