扇風機・サーキュレーターのQ&A

<扇風機・サーキュレーター>

Q.扇風機とサーキュレーターの大きな違いはなんですか?

  • 扇風機・・・身体に風をあてて暑さをしのぐもの
  • サーキュレーター・・・冷暖房効率を高める為に、室内の空気を循環させるもの
    どちらも適した利用目的を記載しておりますが、扇風機は循環が出来ない、
    サーキュレーターは冷却が出来ないということではありません。

<扇風機>

Q.家庭用扇風機と業務用扇風機の違いは?

  • 家庭用→羽根の直径が40cm以下で音が静か。風力が一般家庭向き。
  • 業務用→羽根の直径が45cm以上で音と風力が家庭用に比べかなり大きい。
  • 風力/騒音・・・家庭用<業務用

Q.オフィス・店舗タイプ扇風機と家庭用/業務用扇風機の違いはなんですか?

  • 家庭用よりも風力が大きく、業務用より騒音を抑えたモデルが
    オフィス・店舗タイプ扇風機です。
    また、デザインや機能にも優れているのも特徴の一つです。

Q.各扇風機はどの位の風力ですか?

  • 人によって感じ方も違う為、言葉で表現するのは難しいので数値によって説明をします。
  • 扇風機やサーキュレーターの能力は通常、風速・風量などによって判断されます。
    風速・・・「扇風機が空気中の風を移動できる速さ」
    風量・・・「扇風機が空気中の風を移動できる量」
  • 一般的でイメージし易い家庭用扇風機を基準として「1」とした場合、
   家庭用扇風機 オフィス・店舗タイプ扇風機 業務用扇風機
風速 1 家庭用の約1.3倍 家庭用の約2倍
風量 1 家庭用の約1.5倍 家庭用の約4.3倍 
  • 空気を1秒間に動かせる距離は
    家庭用扇風機・・・3mm/s
    オフィス・店舗タイプ扇風機・・・4m/s
    業務用扇風機・・・約6m/sとなります。
  • 家庭用扇風機は各家庭にあったり、家電量販店などでデモンストレーションが行われている
    事もありますのでそれを参考にし、比較して頂ければより分かりやすいと思います。

Q.扇風機はどの位の広さをカバー出来ますか?

  • よく、お客様からのお問い合わせで「○㎡(平米)、○坪、○畳に対応出来ますか?」と
    頂きますが、扇風機の場合は使用場所の高さも関わってきます。
    その為、扇風機の対応出来る広さは通常、「○㎥(立米)」で表します。
  • 仮に、使用場所の高さが2mとした場合に1分間でカバーできる床面積を
    「○㎡(平米)、○坪、○畳」で表すとすれば、
高さ2m・使用時間1分間 ㎡(平米)
家庭用扇風機 22.56(4.75m四方) 6.8 13.6
オフィス・店舗用扇風機 33.64(5.8m四方) 10.2 20.3
業務用扇風機 97(9.85m四方) 29.4 58.6
  • となります。
    ただし、上記表の能力は目安であり、全て「強運転」で1分間使用した場合の値です。
    また、周りの気温・室温・人数・使用場所によって変わって来ます。

<サーキュレーター>

Q.サーキュレーターの特徴は?

  • サーキュレーターは、室内の空気に一定の流れを作り続ける事で空気をかきまぜ、
    室内の温度を平均化する為の道具です。
  • 扇風機と違い、「いかに室内の空気を効率的に動かせる風を起こすか」が目的である為、
    サーキュレーターは強い風を真っ直ぐに送る工夫が成されています。
  • その為、直接身体に当てる使い方ではなく、冷暖房の効率を上げる補助的な役割を
    主としています。
  • また、扇風機に比べ消費電力が低く、冷暖房の温度も通常よりも抑えられる為、
    より節電効果が期待出来ます。

Q.サーキュレーターは扇風機の様に涼む物として使えるの?

  • 一定方向に強い風が当たり続ける為、直接身体に風を当て続けると、急速に体の熱を奪い
    体調悪化や健康障害の恐れがあります。
  • 特に小さいお子様の睡眠中には直接、風を当てない様にしてください。
  • また、動植物にも当てないようにしてください。

Q.サーキュレーターの使い方は?

  • 夏場でエアコンが無い場合は、窓やドアを開けてそこに向けて設置する。
  • エアコンがある場合は、送風口に向けて冷気を拡散させたり、送風角度を一番下に向けて、
    真下にサーキュレーターを置き循環させ、エアコンの冷気を直接受けない様にする使い方
    もできます。
  • 冬場で暖房機器を使用している場合は、温かい空気が上に行くので、天井に向けて
    サーキュレーターを稼働させ、循環させるとより効果的です。
  • また、衣類などを乾燥させる為サーキュレーターの風を当てる使い方も有効です。

Q.サーキュレーターはどの位の広さに対応出来ますか?

  • 扇風機と違い、吹き抜けなど極端な場所を除き高さはあまり影響しない為、
    「適応床面積(畳)」が記載されています。
  • サーキュレーター自体は約20~25m先まで直線的な風を送る事が出来ます。
  • また、間口(横幅)に関しては、サーキュレーター(N型)(大型)共に9mまで、
    サーキュレーター(小)は4mまでを目安として下さい。
  • 大規模な場所・会場で使用する場合は、複数台をなど間隔で一列に置き、
    空気を循環させるとより効果的です。

商品カテゴリ

レンタル商品一覧

当日発送サービス

前日お届けサービス

法人のお客様

営業日カレンダー

Calendar Loading

当社定休日

このページの先頭へ戻る